バイク買取業者へ売却する時に必要な書類

バイク買取業者にバイクを売る場合は、名義変更等の手続きを業者が代行してくれます。業者の責任で確実に手続きしてくれるため、個人売買と違って安心なのが買取業者の良いところです。

ただし、名義変更に必要な書類の一部は、こちらで前もって用意しておく必要があります。

書類が揃わないとバイクを売る事ができないだけでなく、査定をする事すら断られる場合があります。業者に査定をする直前に慌てることのないよう、事前に揃えておきましょう。

バイク売却に必要な書類

125cc以下のバイク(原付バイク)

・標識交付証明書
ナンバー取得時に発行されています。
紛失した場合は、バイクを登録した役所(市役所や区役所)にて再発行してもらえます。

・自賠責保険証

・身分証明書
本人確認ができるもの。運転免許証でOKです。

・印鑑

126ccから250cc以下のバイク

・軽自動車届出済証(廃車手続きをしていない場合)

・軽自動車届出済証返納済確認書と軽自動車届出済証返納証明書(廃車手続きをした場合)

・自賠責保険証

・身分証明書

・印鑑

251cc以上のバイク

・自動車検査証(廃車手続きをしていない場合)

・自動車検査証返納証明書(廃車手続きをした場合)

・自賠責保険証

・身分証明書

・印鑑

未成年の場合

未成年者がバイクを売る場合は保護者の同意が必要です。契約時に保護者が立ち会う事をルールとしている買取業者もあります。

名義が異なる場合

他人名義のバイクを売却する場合は、「委任状」と「名義人の身分証明書」が必要です。

委任状はバイク買取業者が用意していますので、業者のホームページからダウンロードしましょう。

オススメのバイク買取査定サイト

バイク王

  • 業界第一位のバイク買取業者
  • 中型バイクや大型バイクならバイク王がおすすめです
  • 不動車や事故車も買取可能
  • 出張料や査定料等はすべて無料です。

バイクランド

  • 業界第二位の買取業者
  • 原付・原付二種を売るならバイクランドがおすすめです
  • ネット上で悪い口コミが少ないのが特徴
  • 「値段がつかない」と言われたバイクでも買取可能
  • 商談が成立しなくても、出張料や査定料等はかかりません。

投稿日:

Copyright© バイクを売却するならどこがいい? , 2019 All Rights Reserved.